<< ★小代区イベント情報のお知らせ★ | main | 小代の山菜日本一フェスタ >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.05.08 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    「和牛のふるさと・小代」未来テーブルが開催されました

    0
       
      3月18日(日曜日)、
      香美町小代区、香美町小代区総合センターにおいて、
      「和牛のふるさと・小代」未来テーブル〜これからの小代を本気で考える会〜が
      開催されました。


      予想以上の参加者の方々で、会場はいっぱいに
      小代区の方々はもちろん、遠くは伊丹や神戸、鳥取からの参加者もいらっしゃいました。

      開会行事の後、「小さい町(地域)の町づくり」と題し、
      鳥取県・智頭町の町長で、国から認定された「観光カリスマ」のお一人である、
      寺谷誠一郎氏にご講演いただきました。

      寺谷町長は、田舎ならではの地域財産を活かした「森の幼稚園」や「疎開保険」などの
      『農と林を軸としたまちづくり』に積極的に取り組まれており、
      「過疎地を観光地に変えたカリスマ」としても、
      全国各地で講演活動をされておられます。

      お話の中では、年配者の活躍が重要であること、
      田舎にコンプレックスを持つ時代は終わったと話され、
      ご自身の口癖でもある
      「お待たせしました。いよいよ田舎の出番です」という言葉にかけて、
      「いよいよ小代の出番です」と、参加者の方々に向けてエールを贈って頂きました。

      引き続き、今年に入ってから小代区民の方々に向けて募集をしていた
      新しいキャラクターのデザインと愛称の発表と優秀作品の表彰式が行われました


      正式名称は「小代こべ」
      こべちゃんと呼んでくださいね

      優秀作品として選ばれたのは「べこちゃん」でしたが、
      「べこ」というのは、他の地域でも使われていたり、
      小代では古くから子牛のことを「こべ」と呼んでいたことから、
      より小代らしさを出すために「こべ」と命名されました。

      今回、デザインと愛称募集に応募していただいた皆さんへの参加賞と、
      18日の参加賞とに使用するため、このデザインで缶バッヂを作成。
      皆さんにお配りしました
      今後さらにこのキャラクターを基本とした、ロゴマークの公募を予定しています。


      休憩をはさみ、次は分科会へ。


      第喫科会は「外国人向け発信について」

      小代区の観光関係者のほかにも、夙川学院大学の学生さんがおられます。
      情報発信の重要性や、外国語表記のすすめなど、
      学生さんを中心に、活発な意見が交わされました。

      第曲科会は「但馬牛の未来像について」

      畜主の方のほかに、JAの美方畜産事業所の所長さん、
      非農家の方々、香住や遠方からお越しの方々もおられます。
      夙川学院大学の河本先生が、スライドを使って小代の牛飼いの歴史や現状を話され、
      その後、皆さんで小代の畜産の問題点、今後のあり方について検討されました。
      畜産事業所の所長さんからは、今後の但馬牛の将来にとって、
      頭数の現象よりも飼養戸数の現象のほうが深刻であると教えていただき、
      「アパート牛舎」建設というような、斬新なアイデアも出していただきました。

      第景科会は、「小代の特産品について(どう売るか)」

      こちらの会場は、小代の特産品開発に携わる方のほかに、
      小代区の若い青年、学生さんも加わり、部屋がぎゅぎゅう詰めに
      「美方大納言小豆」を使った製品の話を中心に、
      どんな製品をどこでどう売るのかについて、熱い議論が交わされました。

      その後、全体会では分科会で出た意見をそれぞれ発表。


      それぞれ代表1名が、自分の思いも織り交ぜながら発表を行いました。

      締めくくりは、小代自然学校受入協議会のアドバイザーである
      夙川学院大学の河本先生がまとめをしてくださいました。

      皆さんからいただいた貴重なご意見は、
      小代の今後の産業・観光・暮らしの活性化に役立てるよう
      小代自然学校受入協議会で具体的な活動に取り入れていきたいと思います。

      今回は、小代中1年生の皆さんが総合学習で取り組んだ「但馬牛について」の資料展示、
      また、夙川学院大学観光文化学部河本ゼミの皆さんが小代で取り組まれた研究の展示も
      あわせて行いました。

      この展示は、今後、分科会で出された皆さんのご意見とともに、
      小代物産館で展示の予定です。
      当日お越しいただけなかった方は、ぜひ、足をお運びくださいね。
      また準備ができましたらお知らせします

      長時間にわたる会であったにもかかわらず、たくさんの方々が最後まで残って下さり、
      小代の活性化のために皆さんが真剣に取り組んでおられる熱意が
      ヒシヒシと伝わってきました

      今後もまたこのような会を開く予定にしています。
      これからも小代の明日のために一緒になって考えていきましょう


      観光推進 藤村

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.05.08 Tuesday
        • -
        • 17:50
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        但馬牛 照長土井物語にて、紹介させていただきました。

        長岡 直美
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        香美町小代区のキャラクター 小代こべ
        私の名前は「小代こべ」/香美:朝日新聞 香美町小代区のキャラクターに選ばれた牛のイラストに、「小代こべ」の名前が付いた。同区神水の小代観光協会は記念の缶バッジ(直径3 ...
        • 但馬牛 照長土井物語
        • 2012/03/29 12:19 PM
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM